【中日】立浪和義監督、大野雄大に「申し訳ないことをした」 レビーラの守備から失点…一問一答

スポーツ報知
立浪和義監督

◆JERAセ・リーグ 中日2―4DeNA(5日・バンテリンドーム)

 苦手のDeNAにまたしても敗れた。先発・大野雄が6回4失点で7敗目。味方の守備に足を引っ張られた場面もあったが、粘りきることができなかった。これで今季の対DeNAは2勝11敗1分。借金9と大きく負け越している。

 打線も“天敵”大貫の前に5回まで沈黙。6回に阿部、ビシエドの適時打で2点を反撃したが、お決まりの「あと一本」が出なかった。大貫にはこれで今季4戦全敗となった。

 後半戦開幕から広島に3連勝と勢いよくスタートしたが、その後3連敗で借金は再び12。このままズルズルいきたくない。

 以下、立浪監督の一問一答。

―大貫に苦戦した。

「初回のチャンスをものにしたかった。初回もそうだが、長打がないということで思い切ってインコースを攻められている。そこを狙っていかないと。球のキレがいいときは同じようなやられかたしている。カーブであったり。狙い球は絞ってやっいてる」

―ビシエドの併殺ももったいなかった。

「打ちに行ったとき、内角の見極めがなかなか(できない)。その次の打席で、低くいったときはレフト前なったりする。あそこ我慢できるかどうか」

―中盤は打線つながった。

「大野も立ち上がりからボールもいってましたし、レビーラの守備で足引っ張ってしまった。申し訳ないことした。それも承知の上でこっちも使っている。可能性も秘めて打つ方で必ず力になってくれている。それを信じて使っている。大野には悪いことしたんですけど、またどっかで守備のミスを上達して返せるようにね。頑張ってもらいたい」

―大野雄も粘りが。

「ツーシームや真っすぐが打たれたり、決め打ちされている。初球、簡単に打たれないように反省してほしい」

―4戦全敗の大貫を攻略できない。

「(右打者の)ツーシームのコントロールがいい。そこを我慢するのか。キレがいいときは150キロくらいでるわけじゃないが、彼の一つの武器。そこの見極めと、誰かが攻略しないといけない」

―滝野も奮起した。

「2軍でも打撃がいいということで。外野のポジションが空いてなくて二塁もやらせている。二遊間は守り重視でいきたいが、打線のことも考えながら。今年はいるメンバーでやるしかない」

―土田を二塁で起用した。

「両方守れるように。遊撃もうまいですが、決して(二塁が)できない選手じゃない。2つのポジションできた方が彼のためになる」

―DeNAに大きく負け越している。

「同じチームにまだ2勝しかしていないのかな?やられてるわけですから、なんとかしないと。明日、小笠原で。今日の反省をしっかりして(明日は)先に点取って、優位に進めていけるように頑張っていきます」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×