【広島】今季初の5位転落…大瀬良大地が踏ん張れず 泥沼7連敗で借金は今季ワースト更新の「6」

スポーツ報知
広島先発・大瀬良大地(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 広島2―3阪神(5日・マツダスタジアム)

 広島が、阪神に敗れて泥沼の7連敗。試合前まで0・5ゲーム差だった巨人と順位が入れ替わり、今季101試合目で初めて5位に転落した。

 エース・大瀬良が5回3失点と意地を見せられなかった。初回1死一、三塁から佐藤輝の左犠飛で簡単に先取点を献上すると、4回にロハスに2ランを被弾。5回84球で代打を送られて降板。7月1日の巨人戦(マツダ)以来これで5戦白星なしとなり、自身の貯金も吐き出す7敗目を喫した。

 打線も、劣勢を跳ね返せず。4回は先頭の秋山が5戦連続安打となる二塁打でチャンスメーク。1死三塁から先発・西勇の足もとを抜く適時打を放ち、2死から小園が左中間に適時三塁打で1点差。8回は敵失も絡んで無死一、二塁と絶好機を迎えたが、秋山、マクブルーム、坂倉のクリーンアップがそろって凡退。あと1点が遠かった。

 後半戦は12球団で唯一いまだ白星がなく、借金は今季ワーストを更新する「6」に膨らんだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×