【ロッテ】石川歩、7回2失点好投 味方打線が6回11残塁もリード守り抜く

スポーツ報知
粘投する先発の石川歩(カメラ・小泉 洋樹)

◆パ・リーグ 西武―ロッテ(5日・ベルーナドーム)

 ロッテの石川歩投手が先発。7回94球6安打2失点と好投し、今季7勝目の権利を持って降板した。

 味方打線は初回に佐藤都の3ランで先制。その後は制球に苦しむ西武・今井に対して4回無死二塁、5回1死二、三塁など好機を作りながらも得点できず。6回で11残塁、7回と8回は3者凡退に終わった。

 そんな中、石川はテンポ良くストライク先行。4回に山川のソロ、5回に外崎の適時打を浴びたが、初回の佐藤都の一発による3点のリードを守り抜き、8回から救援陣に託した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×