【DeNA】楠本泰史の先制打&嶺井博希の適時打&宮崎敏郎の2点二塁打 大野雄からタイムリー3本

スポーツ報知
1回1死三塁、楠本泰史は右翼に先制の適時二塁打を放つ(カメラ・堺 恒志)

◆JERAセ・リーグ  中日―DeNA(5日・バンテリン)

 DeNAが3本のタイムリーで中日先発・大野雄から4点を奪って試合を優位に進めた。

 3回二死一、二塁から楠本が左前へ先制タイムリー。「打ったのはストレートです。前の打席にバントを失敗してしまったので、なんとしても取り返すんだという思いで打席に向かいました。先制点を挙げることができ良かったです」と笑顔を浮かべた。

 5回には嶺井が、無死三塁から左前へチーム2点目となる適時打を放ち「打ったのは直球です。カミ(神里)が打ってチャンスが回ってきたので、なんとかかえそうと思い打席に向かいました。大貫が頑張っているので、追加点を挙げることができ良かったです」と声を弾ませた。

 6回には無死二、三塁で宮崎が中越えの2点二塁打。「ストレートをしっかり捉えることができました。みんながつないでくれたチャンスだったので、後ろにつなぐ気持ちで打席に向かいました。いい結果になり良かったです」と手応えを口にした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×