【阪神】藤浪晋太郎、6日広島戦で4か月ぶり先発マウンド「やれることをやるだけ」419日ぶり白星つかむ

スポーツ報知
試合前練習でキャッチボールを行う藤浪晋太郎(カメラ・渡辺 了文)

 6日の広島戦(マツダ)で先発する阪神の藤浪晋太郎投手が5日、今季初勝利を挙げると誓った。

 1軍での先発マウンドは4月8日の広島戦(甲子園)以来、約4か月ぶり。7月に昇格予定だったが、前日の試合が雨天中止に。その関係で登板機会が流れ、2軍調整が続いた。2年連続開幕投手を務めたが、今季は0勝1敗。右腕は「やれることをやるだけ。球種の幅は広がっていると思う。1イニングでも長く投げられるように頑張りたい」と、救援で登板した21年6月13日の楽天戦(楽天生命)以来、419日ぶりの白星をつかむ。

 さらに、母校・大阪桐蔭が6日から開催される夏の甲子園に出場予定。「刺激にはなりますし、後輩たちにも頑張ってほしい。楽しみにしています」とエールを送った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×