JRA出走馬が豪雨の影響から敦賀トンネル付近で輸送中に立ち往生 新潟競馬に出走予定の関西馬3頭が出走取消

スポーツ報知
JRAロゴマーク

 日本各地を襲っている豪雨が5日、競馬界にも思わぬ事態を引き起こした。8月6日の新潟競馬に出走するため、滋賀県の栗東トレーニングセンターを出発した馬運車が国道8号バイパスで土砂崩れのために立ち往生。JRAは8月5日の16時30分、この馬運車で運ばれていた3頭の出走取り消しを発表した。

 出走を取り消したのは2Rに出走予定だったシナモンベアー(牝3歳、栗東・角田晃一厩舎、父レイヴンズパス)、同4Rのドンシャーク(牡3歳、栗東・今野貞一厩舎、父ベルシャザール)、同7Rのヴラマンク(牡3歳、栗東・角田晃一厩舎、父アドマイヤムーン)の3頭。この3頭を乗せた馬運車は豪雨の影響で迂回しながら新潟に向かっていたが、福井県の国道8号バイパスにある敦賀トンネル付近で前後を土砂崩れに挟まれる形から身動きが取れない状態となったため、出走を取り消すこととなった。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×