【阪神】大山悠輔、北條史也が新型コロナウイルス感染 特例2022で抹消 代替選手は坂本誠志郎、ロハス

スポーツ報知
大山悠輔

 阪神は5日、大山悠輔内野手、北條史也内野手が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表した。

 この日、PCR検査を受け、陽性を確認。大山は現在無症状で、北條は頭痛と発熱の症状があり、2人は自主隔離している。今後は医療機関、管轄の保健所の指示に従い対応していく。

 大山は4日の巨人戦(東京D)に「5番・左翼」で先発出場しており、北條も2日の同カードで代打として出場していた。2人は特例2022で抹消され、代替選手として坂本とロハスが登録された。

 また、ウィルカーソン、板山が出場選手登録を抹消され、代わりに木浪が約4か月ぶりに1軍昇格した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×