豊嶋亮太がV2へ計量一発クリア 「倒しにいくところを見せたい」

スポーツ報知
計量をパスした豊嶋亮太(左)とアダム・ディウ・アブドゥルハミド

◆プロボクシング 報知新聞社後援第615回ダイナミックグローブ ▽WBOアジアパシフィック・ウエルター級(66・6キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・豊嶋亮太―挑戦者アダム・ディウ・アブドゥルハミド(8月6日、東京・後楽園ホール)

 東洋太平洋&WBOアジアパシフィック(P)のウエルター級2冠王者で、今回はWBOアジアP王座のV2戦に臨む豊嶋亮太(帝拳)が5日、東京・文京区の日本ボクシングコミッションで、挑戦者のアダム・ディウ・アブドゥルハミド(フィリピン)とともに前日計量に臨み、両者ともにリミットから300グラム軽い66・3キロで一発クリアした。

 戦績は豊嶋が15勝(9KO)2敗1分け、アブドゥルハミドが17勝(9KO)10敗。

 計量後、取材に応じた豊嶋は「思ったよりも体重は落ちていた。良いパフォーマンスができそう」と自信を見せた。

 好調の要因の一つが順調なウェートコントロールだ。「今年から、ふだんのウェートをすごく意識しているんです。これまでの試合と同じ時期で比較すると、今回は前回の試合前体重より、2キロ以上軽い。うまく調整できていた証拠。その面で安心感があります」。ふだんから節制することで、体重はスムーズに落ちやすくなるし、しっかり戦う準備を整えるという意識改革にもつながるという。食事も十分取ることができるので、パワーを落とすことなく減量が続けられた。

 26歳の豊嶋は昨年1月、タイトル初挑戦で東洋太平洋王座を獲得。5月にWBOアジアP王者・別府優樹(久留米櫛間&別府優樹)との統一戦を制し、地域王座2冠を獲得した。12月には2つのベルトをしっかりと守っている。豊嶋は「明日は倒しにいくところを見せたい。去年より(力が)上がっているというのを見せたいんです」と意欲を示した。

 アブドゥルハミドは、フィリピン同級王者で、東洋太平洋ランクでは13位に入っている。「得意は右ストレート」という27歳が王座奪取を目指している。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×