湘南DF舘幸希インタビュー後編 銀行員目指した過去や日本代表FW町野修斗との知られざる関係明かす

スポーツ報知
目隠しをしてボールをける「スイカ割り」のような練習をする湘南DF舘幸希(右から2人目)とFW町野修斗 (右から4人目)

 J1湘南のDF舘幸希がスポーツ報知のインタビューに応じた。3バックの一角としてレギュラーに定着した守備の要は、同じ三重県出身の日本代表FW町野修斗との小さいころからの”関係”や、大学時代は銀行への就職を考えていた意外な過去も告白。将来に向けた“野心”も明かした。(取材・構成 山田 豊)

 ―FW町野修斗選手が東アジアE―1選手権で得点王。チームへの影響は?

 「前線に起点が作れるし、ランニングもできる。僕自身もすごく安心して前にボールを付けることができる。何とかしてくれるイメージがあるし、最終的に彼が得点を取って勝つというところが強み。DFがゼロでいけば前がとってくれる信頼がある」

 

 ―同じ三重出身。舘選手のお兄さんと町野選手のお兄さんが同じチームだったこともあり、子供の時から知っていたそうだとか。

「町野とは一緒のチームではないけど僕の兄と町野のお兄さんが一緒のチームでプレーしていた。その弟(町野)がすごいと話題だった。プロで町野とチームメートになって身近な選手が活躍して日本代表に入ってるっていうところは素直に嬉しい。年下だけど刺激を受けて切磋琢磨したい」

 ―大学時代はプロを意識してなかったと聞いた

 「正直プロは1パーセントも考えていなかった。メインは就職活動。地元に帰って体育会系だったので営業をしようと銀行で働こうかなと思っていた。そんなときに当時の牛島真諭スカウト(現鹿島スカウト)に声かけてもらって練習参加した」

 

 ―例えばJ3やJFLしかオファーが来なかった場合はどうしていた?

「当時の考え方ではJ2でも安定した道(一般就職)を選んでいたかもしれない。プロの道は全くイメージできてなかった。今こうやって、プレーできているのは湘南からの練習参加が分岐点だったと思う」

 

 ―J1で1年目からプレーできている

 「J3やJFLのようなカテゴリーで下積みから始めるのかと思ったがいきなりJ1。呼ばれた段階では全然プロのレベルではなかった。見いだしてくれた牛島スカウト、当時指導してくれたチョ貴裁監督(現京都監督)、湘南には感謝しかない。絶対お返ししたい」

 

 ―日本代表DF杉岡大暉選手、GK谷晃生選手は同じ守備陣としてやはり大きな存在?

 「大暉は3バックの左で僕が右。彼の推進力、ドリブル運んでいくところはすごい参考になる。谷に関してはシュートコースさえ限定すれば止めてくれるような安心感がある。自信にあふれているし、エネルギッシュ。僕より若いんですけど、すごく頼もしい」

 

 ―今後の目標は?

 「そこまで若くないのでもっと引っ張っていかなきゃいけない立場になった。身近に日本代表が3人も入ったことで野心も出てきた。その目標を達成するためには湘南を中下位じゃなくて、上位にもっていく必要がある。自分自身ももっと強くなって、湘南を強くしたい」

(おわり)

 ◇舘 幸希(たち・こうき)1997年12月14日、三重県生まれ。伊賀FCジュニアユース、四日市中央工高、日大を経て20年に湘南加入。DF。利き足は右。173センチ、73キロ。血液型A。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×