「祇園」桜井健一朗、マンション“退去費用”で16万円超の高額請求「異常であるという意見が多く…」協議へ

「祇園」の桜井健一朗
「祇園」の桜井健一朗
「祇園」の桜井健一朗
「祇園」の桜井健一朗

 お笑いコンビ「祇園」の桜井健一朗が5日までに自身のツイッターを更新。居住していたマンションの退去の際に高額な請求があったことを報告し、業者とのやりとりを明かした。

 桜井は7月26日に5年5ヶ月住んだ家から「引っ越しが完了しました」と報告。その後、前の家で退去の立ち会いを行った際に原状回復費等で「小計¥153700 合計【税込】¥169070」という請求があったという。「担当の方に連絡します。記録(会話)残してます。と伝えると、ここから協議していくので。と、よくわからないことをいわれました。この時点で払ってしまう人もいるのだろうな、と」と、業者とのやりとりを明かした。

 また、費用の詳細も現場の写真つきでアップ。「フローリング凹み¥12000 シンク下収納シート補修(シミ)¥18000 ミラー研磨¥3500 洗面補修¥7200」「【退去〈2〉】壁紙(クロス)部分貼り替え¥24000(12メートル)画像1~3 網戸貼り替え¥4000」「【退去〈3〉】洗面カバー交換¥48000(画像1~2)洗面カビ¥6000 ※取り扱い説明書紛失(新居にあり、郵送すれば負担なし)¥6000 ハウスクリーニング¥25000」とした。これに対し「妥当では?という意見もありましたが、やはり異常であるという意見が多く、もう少しいろいろ調べてみます」と協議を続行。

 その後、「【退去費用】立ち会い後3日目。電話かかってきました。項目のひとつひとつ、何が、どういう理由で納得できないのか教えてほしいという内容だったのですが、『っていうやりとりを今後メールでお願いします』と伝えました。いつ、どんな内容だったか記録に残り、いいそうです」と報告。2日には「今日はメールで連絡がきた。いくらなら払えるのか、払うつもりのないものはその理由を聞かれる」。

 3日には、大阪市の「住まい情報センター」に電話相談したといい「一つ一つの項目についてとても丁寧に聞いてくださって、払う必要のないものと理由、払うものはガイドラインに沿った妥当な金額を提案してくださいました。この内容でメールを送ってみます。返信で色々教えてくださる方々いつもありがとうございます」とやりとりの内容を報告。4日にはこのメールに対し業者から「『それではオーナー様にこの内容で相談します。』とのこと。最後に、『オーナー様は仕事をされているので、日数いただく可能性があります。』」と返信があったことを明かした。

 祇園は、昨年10月に開催された「SDGs―1グランプリ」で優勝するなど活躍の幅を広げている。

→次ページに「祇園」桜井が高額請求された部屋の写真

「祇園」の桜井健一朗
「祇園」の桜井健一朗
すべての写真を見る 2枚
1 2

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請