エンゼルス、メジャータイ記録ソロで7本塁打も逆転負け、大谷翔平登板翌日2発も空砲に…通算117発でイチロー氏に並ぶ歴代2位に

スポーツ報知
7回2死、右越えにこの試合2本目となる24号ソロ本塁打を放つ大谷翔平(カメラ・泉 貫太)

◆米大リーグ エンゼルス7―8アスレチックス(4日・アナハイム=エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(28)が4日(日本時間5日)、本拠地・アスレチックス戦に「2番・指名打者」でフル出場。初回の1打席目に23号ソロを放つと、7回の4打席目にも24号ソロを放つなど、5打数3安打2打点の活躍を見せた。だが、エンゼルスは7本塁打を放ちながらいずれもソロで、逆転負けを喫した。

 アスレチックスの先発は右腕のブラックバーン。5月に2試合で対戦し、5打数2安打1打点と苦にはしなかった。初回1死走者なしの1打席目。カウント1―1から94・1マイル(約151・4キロ)外角直球を捉えると、うまく逆方向へはじき返した。打球速度105・7マイル(約170・1キロ)、打球角度26度の打球は左翼席へ着弾。先取点となる23号ソロは飛距離403フィート(約123メートル)の一発だった。

 2回にもスズキの4号ソロで1点を追加したが、3回に6点を奪われて逆転を許すと、3点を追う3回無死走者なしの2打席目は空振り三振に倒れた。4点を追う5回1死一塁の3打席目には、カウント1―1から内角のカットボールをはじき返して中前安打。この日2本目の安打を放ち、3試合ぶりの複数安打をマークした。

 さらに止まらず3点を追う7回2死走者なしの4打席目には、3番手左腕・スニードから右翼へ24号ソロ。6月21日(同22日)以来、約1か月半ぶりで今季5度目となる1試合2本塁打を放った。メジャー通算117本塁打で日本人選手では歴代2位タイのイチロー氏(マリナーズなど)に並んだ。

 前日の3日(同4日)には、「メジャー初の10勝目」、「1918年ベーブ・ルース以来104年ぶりの2ケタ勝利&2ケタ本塁打」、「ノーラン・ライアンが持つ球団タイ記録の7試合連続2ケタ奪三振」をかけて先発登板したが、6回途中3失点、7奪三振に終わって、(9勝)7敗目を喫した。さらには右前腕をつったような症状があったため、大事を取って7回の4打席目には代打を送られていた。

 フロスタッドヘッドトレーナー、ネビン監督代行は試合前に、大谷の右前腕の状態が問題ないと強調。次回登板にも影響はないとして、次回登板が中5日で9日(同10日)の敵地・アスレチックス戦になる見込みであることも明かした。2本塁打など3安打を放って、影響がないことを証明した。

 エンゼルスは大谷が2発を放つなど、スズキ、ウォード、アデル、ウォルシュ、モニアクと6人で7本の本塁打を放ったが、いずれもソロで逆転負けした。1試合に7本のソロ本塁打はメジャータイ記録だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×