【巨人】山崎伊織が自己最長8回無失点で3勝目 原監督「チームにとっても大きい」

スポーツ報知
3勝目を挙げた山崎伊織(カメラ・相川 和寛)

◆JERAセ・リーグ 巨人7―0阪神(4日・東京ドーム)

 巨人の山崎伊織投手が阪神戦に先発。自己最長の8回で109球を投げて3安打無失点5奪三振の快投を見せて5月18日以来、2か月半ぶりとなる3勝目を挙げた。

 5点の援護をもらった直後の3回は無死一、二塁のピンチを招いたが、中野を投ゴロ併殺に仕留めるなど無失点。4回無死一塁からは15人連続でアウトに仕留めるなど阪神打線に付け入る隙を与えなかった。打撃でも3点リードの2回無死一、三塁で右前適時打を放ち、投打で躍動。「制球力が今年のテーマなので、原監督からも前日に『ストライクゾーンでどんどん勝負していこう』と言われたので、どんどん勝負ができたなと思います」と振り返った。

 原監督は「球数的なことも考えながら、8回を投げぬいてくれたことは非常にチームにとっても大きい。」と評価。特に無四球という点を「非常に良かった」とし、「自分のボールを信じるというか、ストライクを取ることに恐れずにいったというところが良かった」と語った。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請