【ヤクルト】高津監督、雨天中止をプラスに 5日から巨人戦「足元をしっかり見て戦いたい」

スポーツ報知
ストレッチする高津臣吾監督(カメラ・宮崎 亮太)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト―中日=雨天中止=(4日・神宮)

 ヤクルトは4日、神宮球場での中日戦が雨天中止となった。先発予定は星と大野雄だった。

 午後4時20分に開門。強い雨が降り続き、試合開始を午後6時30分に30分遅延して様子を見たが、天候の回復が見込めなかった。

 高津監督は「日程的に過密になってくるのでそこは少し心配ですけど、いろんなことを考えるとプラスにとらえて明日からのゲームに備えたい。休養としてとらえていいのかなと思います。短い時間ですけど今日の今からの時間しっかりリフレッシュしてもらって。万全でない人たくさんいますので、少しでもその時間にあててもらいたい」と中止をプラスに受け止めた。

 チームは3連勝中で貯金23。5日からは神宮で巨人との3連戦に臨む。

 高津監督は「ジャイアンツがどうとかいうよりも、ここまでやってきたことを引き続きできるかどうかだと思います。心身ともに良い状態をキープし、ここまで何をやってきたのか、何をしたいのか。相手を見るというより、我々の足元をしっかり見て戦いたい」と話した。

 5日の予告先発はヤクルトが小川、巨人が堀田と発表されている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×