馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 小倉

オーシャンブルーが天国へ けい養先で左後肢を骨折して安楽死に 14歳 12年金鯱賞など重賞2勝

14年の中山金杯を制したオーシャンブルー
14年の中山金杯を制したオーシャンブルー

 12年金鯱賞・G2と14年中山金杯・G3を制したオーシャンブルー(父ステイゴールド)が8月4日、左後肢を骨折したため、安楽死の措置がとられた。14歳だった。けい養先の北海道・日高町のYogiboヴェルサイユリゾートファームがホームページで発表した。

 同ファームによると、4日の早朝に馬房内で骨折しているのを発見。獣医師の診断の結果、重症で、手術したとしても支える右肢への負担から結果的に苦しむことが予測されるため、安楽死の処分となった。

 現役時代は30戦7勝。4歳時の金鯱賞(当時12月開催)で重賞初制覇を果たし、続く有馬記念ではゴールドシップの2着に健闘した。15年の有馬記念(15着)を最後に現役引退し、16年からレックススタッドで種牡馬入り。20年シーズンで種牡馬を引退し、功労馬の余生をバックアップしているYogiboヴェルサイユリゾートファームで過ごしていた。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×