【岩田康誠の熱血!!競馬道】ブリンカー初装着のメイショウユズルハでレパードS制覇目指す

スポーツ報知

 先週から開幕した新潟は芝コースで非常に速い時計が出ていました。実際に自分自身でも芝コースを2周走ってみましたが、人間が走っていても下が非常に軽いので、本当に気持ちよかった。芝の状態がいいからだと思います。こういう馬場だからこそ、直線までロスのない立ち回りで、いかに脚を残すか、が大事になってきます。

 レパードSはメイショウユズルハに騎乗します。前走のわらび賞で勝たせていただきましたが、抜け出した後にフワフワしたり、ゴール板を過ぎた直後にピタッと止まったり、まだ幼い面がありました。逆に言えば、成長の余地も十分にあるということ。中間は乗っていませんが、栗東で見かけた時には馬体もふっくらして、良くなっているように感じましたし、集中力を維持させるためにブリンカーも着用。重賞でも楽しみにしています。

 他に新馬のメランポジューム(土曜6R)も注目してください。坂路をスッと上がっていく時の滑らかな身のこなしに高い素質の片りんを感じます。調教では追えばまだまだ時計が出そうでしたし、とにかく持っているモノはかなり高そう。まずはデビューVへ導くつもりです。(JRA騎手)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×