【札幌記念】パンサラッサが函館競馬場で調整開始 陣営「張りがあるし、毛づやもいい」

スポーツ報知
パンサラッサ

◆第58回札幌記念・G2(8月21日、札幌・芝2000メートル)=4日、函館競馬場

 宝塚記念・G1で8着のパンサラッサ(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ロードカナロア)が、札幌記念に向けて調整を開始した。

 角馬場で体をほぐしてから、Wコースでキャンター調整を行った。池田厩務員は「無事に終わってほっとした。落ち着いていたし、折り合いもついていた」と胸をなでおろした。

 3日、放牧先から函館競馬場へ入厩。同厩務員は「検疫に入ったけど落ち着いていた。移動するときも問題なかった。体はちょうどいいぐらい。張りがあるし、毛づやもいい」と様子を明かした。同着Vだったドバイ・ターフ・G1以来のタイトルに向け、ピッチを上げていく。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×