ドラフトの目玉、日体大・矢沢宏太が巨人3軍を相手に2回4安打も無失点の粘投 打っても1安打1打点

スポーツ報知
6回からマウンドに上がった日体大・矢沢宏太(カメラ・中島 傑)

◆プロアマ交流戦 巨人3軍-日体大(2日・ジャイアンツ球場)

 今秋ドラフト上位候補の日体大・矢沢宏太投手(4年)が巨人3軍を相手に3点を追う6回から登板。2イニングを4安打も無失点と粘投した。

 6回には2死二塁のピンチを招くが、育成の坂本勇人捕手を三振に仕留めた。7回には2安打と1四球で1死満塁とされたが、伊藤海斗をサードライナーでゲッツー。ゼロを刻んだ。

 バットでもここまで2打数1安打1安打と躍動している。

 矢沢は前日(1日)の野球伝来150年記念試合で、大学・社会人選抜の一員として7回から登板。最速151キロをマークし、1回を2安打1失点、2奪三振。8回の打席では右翼線に2点打を放ち、そのまま左翼の守備にも就くなど、侍ジャパン・栗山監督にアピールしていた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請