【阪神】継投失敗、村上宗隆に3被弾で逆転負け「見事。対策を練らないと」矢野監督の一問一答

7回、選手交代を告げにベンチを出る矢野燿大監 (カメラ・豊田 秀一)
7回、選手交代を告げにベンチを出る矢野燿大監 (カメラ・豊田 秀一)

◆JERAセ・リーグ 阪神2―4ヤクルト(31日・甲子園)

 阪神は逆転負けを喫し、連勝が5で止まった。2―2で迎えた延長11回2死一塁で7番手の石井が4番・村上に3打席連続本塁打となる左越えの決勝2ランを浴びた。村上一人にやられ、今季初のヤクルト戦の同一カード3連戦3連勝を逃した。以下、矢野燿大監督の一問一答

―勝ちパターンに持ち込んだが悔しい負けに

「うん」

―村上ひとりにやられたが彼の打撃は

「それは見事やね。でもこれから対策を練らないと。まだまだ当たるんで」

―ガンケルを含め、先発陣がずっとゲームをつくっている

「まあそれがね、結果にもつながっていると思うんで。うちの一番強みだし。そこはこれからも、頑張ってもらわないとダメなところなんで。その中でもよくやってくれているなと思っています」

―5回は相手のミスもあって、得点したかった

「そうやね。やっぱり負けるには理由があるし。あそこ(5回2死満塁)で点を取れていない、作戦も決められていないっていうのもね、チームとして反省していかなアカンし。本塁打をガンガン打ってっていうチームじゃないんでね。しっかりつなぐとか、1個のアウトでも進めるっていうところをしっかりやっていかないと。結果的に苦しい試合展開にどうしてもなってしまうんで。そこらへんは反省かな」

―島田や植田の好プレーもあった

「(植田)海のは本当に超スーパープレーで、あれは海しか捕れないと思うし。島田もね、球際で飛び込むとなかなか、目線もずれるし、難しいけど、しっかり捕ってくれたなと思います」

―村上には際どいところを攻めた結果だったが

「勝負にいった結果なので受け止めて、さっき言ったように対策を練っていかないと。ずっと打たれるってわけにはいかないので。もちろん、勝負にいった結果っていうのは、そこは受け止めています」

―きょうは負けたがカードは勝ち越し。ビジター9試合へ

「何もやることは変わらないんで。いい形でできていることは多いので、そこは今まで通り、いままで以上にやっていきます」

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×