柳生博さん最後の会話は「大谷なかなか調子出ないな~」…お別れの会で次男・宗助さん明かす

スポーツ報知
お別れの会の祭壇前に立つ柳生博さんの次男・宗助さん

 今年4月16日に老衰のため亡くなった俳優・柳生博さん(享年85)の「お別れの会」が30、31の両日、山梨県北杜市の八ケ岳倶楽部で行われた。柳生さんがオーナーを務めた同所には、2日間で約1000人が訪れた。

 喪主を務めた柳生さんの次男・宗助さん(49)は「ほっとした気持ちと、この2日間で自分の感情が整理できた。寂しい」と明かした。宗助さんによると、柳生さんは最後まで元気で、亡くなる数日前「大谷(翔平)はなかなか調子出ないな~」と漏らしたのが最後の会話になったという。「私と兄には厳しかったですが、7人の孫にはデレデレ。ずっと未来を信じている父でした」としのんだ。

 会場には爆笑問題からの献花や、テレビ朝日系「100万円クイズハンター」で実際に使われたゴールデンハンマーも。また同倶楽部で親交のあったステンドグラス作家が柳生さんをモチーフにした作品を展示。芸能界だけでなく、幅広く交遊があった柳生さんらしい会となった。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×