浦和、罰金2000万円処分後初の公式戦 ゴール裏に横断幕「公平な処分Jリーグへ心から願う理想の姿」

 ◆明治安田生命J1リーグ▽第23節 浦和3―1川崎(30日・埼玉)

 浦和はホームで川崎に3―1で勝利し、今季初の3連勝を飾った。

 浦和サポーターが新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに違反する「声出し応援」を繰り返した運営責任を問われ、26日にJリーグから罰金2000万円の処分を科されてから初の公式戦。得点時やファウル時に一部サポーターから大声が挙がることはあったが、ブーイングや集団での声を出しての応援などの目立った違反行為は見られなかった。

 試合後、ゴール裏には「世界基準に逆行するリーグからは熱狂も客も消えてゆく30年目」「公平な処分Jリーグへ心から願う理想の姿」などと書かれた横断幕が掲げられた。

 クラブによると、この日の横断幕の掲出についてサポーター側から事前の相談はあったが、誹謗(ひぼう)中傷などの内容でないため、掲出を禁止することはなかったという。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請