元小結・臥牙丸が断髪式 一般日本人女性との結婚も明かす 第2の人生は「人を助けるような仕事を」

元臥牙丸のジュゲリ・ティムラズさんは断髪終了後に母国・ジョージアの民族衣装を着て現役時代の化粧まわしとともに記念撮影
元臥牙丸のジュゲリ・ティムラズさんは断髪終了後に母国・ジョージアの民族衣装を着て現役時代の化粧まわしとともに記念撮影

 2020年の大相撲11月場所限りで現役を引退した、ジョージア出身で元小結・臥牙丸のジュゲリ・ティムラズさんの断髪式が30日、東京都内で開かれた。宮城野親方(元横綱・白鵬)ら約250人が出席。師匠の木瀬親方(元幕内・肥後ノ海)や同郷の幕内・栃ノ心(春日野)らは新型コロナウイルスの影響で出席できなかったが、「残念だけど、今日来て下さった方々には本当に感謝しています」と頭を下げた。

 また現役時代の2015年から交際していた日本人の30代一般女性とこの日に結婚したこともサプライズ発表した。「ご両親と国技館に来たことがあって、その時に写真を撮ったことがあった。かわいい子だなと思って、食事に行くようになって仲良くなって1年ぐらいして付き合った」と照れながらなれ初めを明かした。コロナ禍にも振り回され、タイミングを逃していたが、第2の人生の門出の日に婚姻届を提出したという。

 05年九州場所で木瀬部屋から初土俵を踏み、09年九州場所で新十両、10年名古屋場所では新入幕を果たし、最高位は小結。幕内在位36場所で敢闘賞を2度受賞し、金星も1個獲得した。現役時代は約200キロの巨体を生かした押しが武器だった。昨年3月に減量を開始した際には220キロあったというが、3か月ほどで150キロ程度まで減らし、現在は約130キロだという。現在はYouTubeに公式チャンネルを開設するなどの活動も行っている。「日本を故郷だと思っている。相撲を広げていきたいし、人を助けるような仕事もしたいですね」と青写真を描いた。

 長く付き合ったまげ姿ともお別れ。ただ「ちょんまげも大切だけど、土俵を離れる方が寂しかったですから」とすっきりした様子。「今日帰ったら頭を洗える。一般の人みたいに毎日頭を洗うのはどういう感じなんでしょうね。床屋にどれぐらいのペースで行けばいいのか分からない。日本で唯一、行ったことがないのは床屋ぐらいですから」とジョークを飛ばして笑わせていた。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×