中村あゆみ、「ママアーティストたちの音楽祭」開催 NOKKO、斉藤由貴、浅香唯、MAX、相川七瀬が出演

ラジオ番組で共演した森田健作、酒井法子、中村あゆみ
ラジオ番組で共演した森田健作、酒井法子、中村あゆみ

 前千葉県知事で俳優の森田健作(72)がパーソナリティーを務めるFM NACK5「青春もぎたて朝一番!」(日曜・前6時30分)とニッポン放送「青春の勲章はくじけない心」(月曜・後6時20分)に、ロック歌手の中村あゆみ(56)がゲスト出演し、10月10日に東京・立川ステーションガーデンで、“ママを元気にするママアーティストたちの音楽祭”と銘打った「ママホリ2022~Genking Live(仮)」を開催することを明らかにした。「子育てはメンタルケアが大切」という中村は、「心に残る歌を歌い継いでいきたい」と意欲を語った。

 中村は「翼の折れたエンジェル」(85年)の大ヒットで一躍、全国区の人気者に。来月にはデビュー39年目に入る。10代の頃は自分の声にコンプレックスを抱いていたそうで「好きではなかった」と言うが、今やハスキーボイスは、中村あゆみの代名詞にもなっている。

 「20代の後半から10年間ぐらいはお休みをしていたこともあった」そうで、その間に「結婚」と「出産」「離婚」を経験。そこで改めて「自分の居場所」は「やっぱり歌なんだな」と確信したという。

 そんな中村と森田の出会いは11年前の2011年。森田が千葉県知事時代にFM NACK5とBayfm、FMヨコハマが合同で千葉県で行った「スプリング・トレイン・スペシャル いずみ鉄道の旅」と言う番組だった。

 「司会者が中村を紹介すると、いきなり俺の『さらば涙と言おう』を歌いながら登場してきてものだからビックリした覚えがある」と森田。その時、司会者から「千葉にはよく来られるのですか?」と聞かれた中村は「ゴルフで来ます。もう数え切れないくらいアクアラインにはお世話になっています」と答えたという。

 中村には現在、1999年生まれの一人娘がいる。番組でパートナーを務める酒井法子(51)から「実は私の息子も同じ年の生まれなんです」と「男の子と女の子との違いはありますが、同じ時期に子育てをしてきたことになるんですね」と、子育ての悩みなどを語り合う場面も。その中で中村は「私の場合、小学生になった頃は娘のメンタルケアで悩んだ」と言い、「シングルマザーなので信頼を築くために、お互いに『隠し事、嘘はつかない』と決めて、誓い合ってきた」と吐露した。

 その中村が「コロナ禍で家族の在宅時間が増え、大変な思いをしているママを元気づけたい」という思いから開催を思い立ったのが、「ママホリ2022~Genking Live」だ。

 中村の呼びかけに応じたのは現役ママ・アーティストのNOKKO(レベッカ)、斉藤由貴、浅香唯、MAX、相川七瀬ら5組。中村は「コロナ禍でイベントやコンサートが次々に中止や延期になりました。私たちママアーティストも生活がありますから大変でした。そういった意味でコロナは親泣かせでした」

。そして、「今回は『家族みんなで、ママを元気に!』を掲げ、ファミリー全員で楽しめる音楽イベントにしたい。出演者のみなさんに主役になって頂き、私はあくまでもオーガナイザーとして頑張りたい」と意欲を語っていた。司会ははなわが務める。

 放送はFM NACK5「青春んもぎたて朝一番!」が8月7日と14日、ニッポン放送「青春の勲章はくじけない心」は8月8日(特番編成のため19時30分)に予定している。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×