【広島】佐々岡真司監督、3回KOの大瀬良大地かばう「間隔を空けてあげられなかった」 一問一答

スポーツ報知
先発・大瀬良大地の交代を告げた佐々岡真司監督

◆JERAセ・リーグ 広島0―9中日(29日・マツダスタジアム)

 広島が、後半戦黒星スタートで再び借金生活に突入し、3位に後退した。先発の大瀬良大地投手が今季最短タイの3回4失点KO。佐々岡真司監督は「オールスター休みがあったが、間隔を空けてあげられなかった反省もある。後半戦開幕というところで、エースに託したい気持ちだった」と胸中を明かした。打線は高橋宏に対して無安打無得点の屈辱を免れるのが精いっぱい。8回1死から小園が放った1安打で今季9度目の零封負け。以下、佐々岡監督の試合後の一問一答。

―大瀬良は序盤から苦しい投球

「そうですね。甘いところを打たれている。ボールに力がなかった」

―ビシエドの本塁打は低めのボール球だった

「そういうボールを打たれた。バッテリー間でしっかりと。今日はこれだけ打たれたことを考えないといけない」

―3回の打席で代打を送った。試合中に修正できないとの判断か

「大地には後半戦開幕というところで、やっぱりエースに託したいという気持ちだった。彼だけ(通常通りの)中6日というところ。オールスター休みで(登板)間隔を空けてあげられなかったという反省もある。僕の気持ちはやっぱり(後半戦最初のカード)頭というところで、エースとしていってほしいという気持ちが強かった分、いかせました」

―次の登板は

「当然ね。しっかりと打たれたボール、そしてまた、いろんな面で、強さというところも。次回は切り替えてというところで、早めに(降板を決断した)。次に期待したいと思います」

ー打線は序盤からビハインドの展開で苦しい面もあった

「つないで、1点1点というところ。相手ピッチャーの高橋くんの球の強さ、カウントが悪い中でも真っ直ぐ、変化球を投げ切られた。そこをしっかりと打ち返すことができなかった。今日はバットに当てられなかったし、ノーヒットノーランを阻止するぐらいしか、それしかなかった。また当たるでしょうし、次はしっかりとリベンジできるように」

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×