【大阪】大阪桐蔭が上宮に5回終了で5点リード 勝者は決勝で履正社と対戦

スポーツ報知
7回1死二、三塁、右前へ適時打を放つ大阪桐蔭・星子天真(カメラ・谷口 健二)

◆第104回全国高校野球選手権大阪大会 ▽準決勝 上宮―大阪桐蔭(29日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

 阪桐蔭が5回終了で5―0とリードしている。

 2回に主将・星子天真二塁手(3年)の左翼線適時二塁打で先制。5回は丸山一喜一塁手の2点適時打、田井志門左翼手(ともに3年)の2点タイムリーで4点を加えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×