J1清水 MF乾貴士が31日鳥栖戦に意欲「アイスタの雰囲気が好き。あの応援を味方にできるのは楽しみ」

雨の中軽快な動きを見せる清水MF乾貴士
雨の中軽快な動きを見せる清水MF乾貴士

 J1清水エスパルスは26日、三保で全体練習を行った。MF乾貴士(34)が先週末の合流後、初めて取材に応じ、31日の鳥栖戦(午後6時、アイスタ)での最速デビューに意欲を見せた。

 急ピッチで調整を進める。乾は全体メニューを消化後、MF松岡ら若手に交じり約30分の居残り練習を行った。最後にピッチを後にしたチーム最年長は「年齢は気にしていない。全然ため口でいいです」と積極的にコミュニケーションをとり「何でこの順位(17位)にいるのか、というくらい個々の能力は高い」と新天地の印象を語った。

 6月にC大阪と契約解除となって以降は、J2岡山の練習に参加。練習試合3戦をこなしながら調整する中、10代から旧知の大熊清氏(58)がGMを務める清水からオファーが届いた。「感謝しかない。早くピッチで返したい」と鳥栖戦の出場を見据えた。

 J通算164試合に出場しているが、アイスタでプレーした経験はない。「スタジアムの雰囲気が好き。あの応援を味方にできるのは楽しみ」と話し「目標はまず残留。そこに力を貸せれば」。逆境を乗り越えてきた男が、残留への切り札となる。

(内田 拓希)

サッカー

×