和歌山田辺、守り抜き堂々の4強入り!この勢いで頂点を狙う!!…第8回紀州興紀大会

スポーツ報知
4強入りを決めた和歌山田辺ナイン

◆第8回紀州興紀大会 ◇中学生の部▽準々決勝 和歌山田辺ボーイズ3―1和歌山岩出ボーイズ(24日・貴志川球場)

 「第8回紀州興紀大会」は、和歌山田辺ボーイズ(和歌山県支部)が4強入りした。

 守り抜いた。7回を5安打1失点に抑え、完投勝利を飾った和歌山田辺・中松主将は「緊張したが、自分が試合の流れをつくるんだと思い踏ん張れた」と汗をぬぐった。

 打線もしぶとく加点した。初回1死二、三塁から4番・中山が「チームのために打つという気持ちの結果です」と先制の中犠飛。3回に相手ミスで1点を加えると、1点差とされた5回には、中松が左犠飛を放ち、粘る相手を振り切った。

 5回の守備で、1死一、三塁から一塁走者の盗塁を、捕手・前田が刺したのも大きかった。「三塁走者が1年生だったので『走ってこないだろう』と二塁へ送球することは決めていた。結果、投手を助けられたのはよかった」。頭脳的な好プレーもあり堂々の4強入り。この勢いで頂点を狙う。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×