生駒、貫禄の大会2連覇!喜ぶのは選手権大会で勝ち切ったあとに!!…第4回ジュニアホークス親善大会 

スポーツ報知
大会2連覇を達成した生駒ナイン

◆第4回ジュニアホークス親善大会  ◇中学生の部▽決勝 生駒ボーイズ5―2京都嵐山ボーイズ(23日・みなと堺ぐりーん広場)

 「第4回ジュニアホークス親善大会」は、選手権大会出場を決めている生駒ボーイズ(奈良県支部)が頂点に立った。

 選手権大会出場の力を、生駒が見せつけた。初回、1点先取した後の1死二、三塁から、梅景が右越えへ2点二塁打。「調子は上がってきている。しっかりと1本打てた」。準決勝で2二塁打していた絶好調の5番打者は、3回にも先頭で右前打。三進後、「何とかチームに貢献できてよかった」という沖野の中犠飛で5点目のホームを踏んだ。

 このリードを、松田、白井、河村、岡田の4投手のリレーで守りきった。それでも、先発&リリーフでマウンドに上がった松田は「調子は最悪だった。原因は分かっているので修正したい」と目の前に迫る大一番を見据えた。

 マスクをかぶった石井主将も気持ちは同じ。貫禄の大会2連覇にも、「先行しても、その後の攻撃ができなかった。開幕までに克服しないと」と反省。喜ぶのは、選手権大会で勝ちきったあとと決めている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×