【大阪】大阪桐蔭、ドラフト候補・松尾汐恩の2打席連発で8強進出!前田悠伍は今夏初登板4回零封

スポーツ報知
3回先頭で2打席連続となる左越えソロを放ち、駆け出す大阪桐蔭の松尾汐恩

◆第104回全国高校野球大阪大会 ▽5回戦 大阪桐蔭8―0東海大大阪仰星=7回コールド=(26日・くら寿司スタジアム堺)

 センバツ王者・大阪桐蔭が東海大大阪仰星を破り、8強に進出した。

 初回に今秋ドラフト候補・松尾汐恩(しおん)捕手(3年)の左越えソロなどで2点を奪うと、3回には打者一巡の猛攻で5得点。松尾はこの回先頭で左越えに2打席連続本塁打を放った。大阪との4回戦(24日)の最終打席でも左越えソロを放っており、“3打席連続弾”となった。

 4回にも1点を追加し、14安打8得点で7回コールド勝ち。投げては2年生左腕・前田悠伍が今夏初登板。先発で4回を3安打無失点に抑え、右腕・別所孝亮、左腕・小林丈太(ともに3年)とつないだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×