マツコ、元号使用で訴え「元号は素敵な文化だけど、表記に限っては西暦で統一していただかないと…」

マツコ・デラックス
マツコ・デラックス

 タレント・マツコ・デラックスが25日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・午後5時)に出演。元号での表記をなくし、西暦表記での統一を訴えた。

 この日の番組では「30代後半になると、自分の現在の年齢があやふやになってくる」という記事を紹介。この件について「40代後半になってくると(自分の年齢が)どうでもよくなってくるよ」と答えた現在、49歳のマツコ。

 ここで43歳の大橋未歩アナウンサーが「ことあるごとに何かと言うと申し込みをするにしても年齢を書く欄があって、その都度、(自分の年齢を)思い知らされる感じがしています」と話すと、マツコは「それで言うとさ。令和とか西暦を統一して欲しくない?」とポツリ。

 「もう、平成で結構、いっぱい、いっぱいなのに令和…。この間、銀行で何か記入しなきゃいけない時に私の銀行印も分からなくなって。カレンダーを探してさ」と続けると、「元号は素敵な文化ですから、それを無くすのは違います。でも、表記に限っては西暦で統一していただかないと。あれが突然、分からなくなって」と訴えたマツコ。

 MCの垣花正が「今、令和何年ですか?」と聞くと、出演者たちは「5年?」、4年?」と戸惑いの表情。これを受け、マツコは「私のこの間、3(年)と言って、『4年だよ』って言われて4年だって分かった。2週間くらい前に。そんなもんよ、だからさ。分からない」と話した。

 さらに自身の年齢については「もう、どうでもよくなってくるんだよね、年齢に関しては。でも、どうでもいいからこそ覚えられなくなってきて。だから、私は西暦でやる。1972年生まれだから、今、ちょうどきりがいいからね。(今年で)50だ。でも誕生日が来てないから49だっていう。瞬時にその計算をして(書類に)書く」と話していた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×