【報知杯大雪H】地方時代含め8連勝でブラッティーキッドがV 水口優也騎手「びっくりするくらい強い」

スポーツ報知
報知杯大雪ハンデを制したブラッティーキッド

 7月24日の札幌11R・報知杯大雪ハンデ(3歳上3勝クラス、ダート1700メートル、10頭立て)はブラッティーキッド(牡4歳、栗東・中尾秀正厩舎、父シニスターミニスター)が1番人気に応えてV。地方時代から含めると8連勝でオープン入りを果たした。勝ちタイムは1分45秒3(良)。

 3~4角で先頭集団をとらえ、直線に突入。他馬が伸びあぐねるなか、一頭だけ前への推進力をブラッティーキッドは失っていなかった。水口優也騎手が必死に前へ促すと、一気に抜け出して、2着に2馬身半差をつけてV。地方時代も含めるとこれで8連勝でオープン入り。「強いです。本当に。びっくりするくらい強くなっています」とジョッキーも満足げ。

 現地で勝利を見守った中尾調教師は「もっと3、4角でスムーズな競馬をしないと」と、さらなる出世へ課題を挙げた。今後は中1週でエルムS・G3(8月7日、札幌・ダート1700メートル)へ向かう予定となっている。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×