馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 小倉

ダービー馬ドウデュースはニエル賞から凱旋門賞参戦 9月2日渡仏 栗東には来週帰厩

前哨戦を経て凱旋門賞を目指すことが決まったドウデュース
前哨戦を経て凱旋門賞を目指すことが決まったドウデュース

 今年の日本ダービー馬、ドウデュース(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎、父ハーツクライ)が秋の大目標とする凱旋門賞・G1(10月2日、パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)の前に3歳馬限定のG2・ニエル賞(9月11日、同)に参戦することが7月23日、分かった。同馬は放牧先の滋賀県・ノーザンファームしがらきから来週にも栗東へ帰厩し、9月2日に成田空港から現地へ向かう予定になっている。

 当初は直行のプランもあったが、前哨戦を使っての転戦が決まった。友道調教師は「あくまで叩き台というイメージです。向こうへ行くのもレースの1週間ほど前ですからね。今年の夏は暑かったですけど、体調面は心配ありません」と説明した。ニエル賞は過去に4頭の日本馬が参戦し、2013年のキズナと友道調教師が管理していた2016年のマカヒキ2頭が勝っている。

 なおドウデュースには僚馬のマイラプソディ(牡5歳、父ハーツクライ)が帯同し、同日のフォワ賞・G2(芝2400メートル)への出走を予定している。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×