【宮城】仙台育英4強 先発の高橋煌稀が5回無失点8奪三振

スポーツ報知
5回無失点8奪三振の好投をした仙台育英・高橋煌稀

◆第104回全国高校野球選手権宮城大会▽準々決勝 仙台育英4―0日本ウェルネス宮城(23日・石巻市民)

 県屈指の強豪校である仙台育英が“打倒・仙台育英”を掲げる日本ウェルネス宮城に勝利。準決勝へ駒を進めた。

 先発した右腕・高橋煌稀投手(2年)は「前回からいい感じだったので前回通り投げれば」と直球をコースに投げきり、5回4安打無失点8奪三振の好投。「ボールを投げるとテンポが悪くなってしまうので、ストライクでゾーンで勝負した」と無四球投球でチームの勝利に貢献した。

 須江航監督は「今日は自滅しないことが1番大事な相手だった」と分析し、高橋を「6月から急成長した。打たれて失点したことはあったけど自滅したことはない」とこの日の先発に抜擢。「5回にボールが抜けていたけどそれまでは100点満点です」と高評価した。

 準決勝は仙台南と名取北の勝者と対戦する。右腕は「今回がいい感じに投げられたので、ゾーンで勝負して真っすぐで押していければ」と意気込んだ。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×