ナガセ、劇的勝利を飾り初戦突破!次からは手堅い試合をする!!…第30回東大阪市長旗争奪野球大会

スポーツ報知
サヨナラ勝ちで初戦突破のナガセナインは喜びの万歳ジャンプ

◆第30回東大阪市長旗争奪野球大会 ◇中学生の部▽1回戦 ナガセボーイズ4―3大正ボーイズ(17日・花園セントラルスタジアム)

 「第30回東大阪市長旗争奪野球大会」の中学生の部が、花園セントラルスタジアムで開幕した。17日は1回戦16試合が行われ、ナガセボーイズがサヨナラ勝ちを決めるなど、ホストチーム勢が劇的勝利を飾り、初戦を突破した。

 決着をつけたのは、先制打を放っていた2年生の3番・小杉だった。7回1死三塁。「次の打者に回そうと思って打席に入った。甘い球が来たので打ち返した」。打球は中犠飛となり、ホストチームがサヨナラ勝ちを飾った。

 ドラマチックな勝利を、お膳立てしたのは辻野だ。同点とされても気落ちせず1死から「ここで打たないと負けてしまうという気持ちで打った」と右前打。この気合の一打が敵失、暴投を誘い、三塁へ進んでいた。

 ハラハラドキドキの展開に江端主将は「どうなることかと不安だったが、勝ててよかった」とホッとした表情。それでも第25回大会以来の優勝へ「今日みたいな展開はもういい。次からは手堅い試合をする」と力強く宣言した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×