NHK大河「鎌倉殿の13人」いきなり不穏な空気!? 支えるはずの宿老らがバトルロイヤル開始…第28回見どころ

スポーツ報知
勢ぞろいした宿老の13人

 俳優の小栗旬が鎌倉時代の第2代執権・北条義時を演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜・後8時)の第28回「名刀の主」(24日放送)で、第2代鎌倉殿・源頼家(金子大地)のもと、走り出したばかりの新体制にいきなりひびが入る。

 タイトル通り、13人の宿老たちが集まって頼家を支えるはずだった新政権。頼家にとっては、あまりのお目付役の多さに、自分が子供扱いされているようで面白くない。北条時連(瀬戸康史)や頼時(坂口健太郎)ら若い世代の御家人を自らのまわりに集めて対抗する。

 それなのに宿老13人がだらしない。若い世代をまとめて面倒みるべき存在なのに、13人の中で北条時政(坂東彌十郎)と比企能員(佐藤二朗)が足の引っ張り合いをスタート。さらに梶原景時(中村獅童)を排除する動きまで。「船頭多くして船山に登る」ということわざが頭に浮かんでくる。

 前週第27回「鎌倉殿と十三人」(17日放送)では、13人がそろうまでの経緯が細かく描かれた。裁判での判決に困る若い頼家のために、事務方4人(大江広元、三善康信、中原親能、二階堂行政)と頼家の信頼厚い梶原の計5人がサポートする流れだった。だが「梶原が入っているのに、なぜ比企が入っていないのだ」と能員が言い出し6人に。そうなると時政も「北条がいなくてどうする」と7人へ…。次々と増えていった。

 比企と北条がお互いの仲良しを加え始め、仕上げに姉の北条政子(小池栄子)が義時を指名し13人が出来上がり、頼家も「何人になった?」と渋い顔。人数を聞いて「わしは、そんなに頼りないか」と涙を流した。無事にドラマのタイトルが成立したものの、SNSでも「嫌な予感しかしない」「即合議制崩壊しててほんとおもろい」など笑いの声が寄せられた。番組関係者も「13人誕生の細かい経緯までは史実に残っていないはず。三谷さんの面白いところです」と明かす。

 学校などで歴史を簡単に勉強しただけだと、あまりイメージがよくない源頼家や梶原景時。それでもドラマの中で心境を一つ一つたどっていくと共感できる部分も多い。会話劇に定評のある三谷氏の手腕が光っている。

 また第27回から政子は出家し尼スタイルに。番組冒頭には尾上松也演じる後鳥羽上皇が、けまりに興じながら「頼朝の跡目、さぞ重かろう…」とほくそ笑んだ。武家政権と朝廷が激突する1221年の承久の乱へ向け、役者がそろった。

 第27回の平均世帯視聴率は11・7%で前回よりわずかにダウン。同時間帯のテレビ朝日系「ポツンと一軒家」の13・0%に及ばなかった。13人が勢ぞろいすると、後は減るだけ。寂しい気もするものの、去り際も大きな見どころの一つ。”カウントダウン”を見守っていきたい。

(NHK担当 浦本将樹)

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×