プロ野球の次期コミッショナーに榊原定征氏が内定 東レ社長や経団連会長を歴任した関西電力会長

スポーツ報知

 東レ社長や経団連会長を歴任した関西電力会長の榊原定征氏(79)が21日、プロ野球の次期コミッショナーに内定した。同日開催されたオーナー会議で全会一致で承認された。11月のオーナー会議で正式決定し、12月5日に就任する。

 斉藤惇コミッショナー(82)が昨年末、22年限りで退任する意向を表明。巨人・山口オーナーを座長に選考委員会が設置され、13人の候補から一本化された。山口オーナーは選考理由を「事業拡張に取り組んでいただくことが重要といった意見が大勢を占めた。企業経営の経験の豊富な方が望ましいのではないかとなった」と説明。同時にNPB事務局の強化を図るため、榊原氏が社長を務めていた東レの元役員2人を補佐役として新体制を支える。榊原氏は8月8日からNPB顧問に就任する。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×