【動画】高橋由伸さんトークショー#前編 前巨人監督が明かした開幕初球弾の真実とは?【スペシャル報知】

スポーツ報知

 報知新聞社の創刊150周年を記念した報道写真展「瞬間の記憶」(東京都写真美術館で31日まで・入場無料)が16日に開幕したことを記念して、前巨人監督の高橋由伸さん(スポーツ報知評論家)のトークショーが同美術館で行われ、約150人が観覧しました。

 プロ初本塁打など、報知新聞社の写真部が選定した由伸さんの「瞬間の記憶」となる写真5枚をもとに、報知プロ野球チャンネルMCのスポーツ報知・加藤弘士デスク、巨人担当キャップとして番記者を務めた水井基博デスクとともに裏話を交えながら楽しくトークを展開。現役時代の07年開幕戦初球弾の写真で、水井デスクが親指を立てた奇妙なガッツポーズの謎に迫りました。「初球から振るのか、どのボールが来るのか、1週間考え続けた」という天才打者が放った劇弾に秘められた意外な真実とは?

 また、監督だった2017年、悪夢の13連敗の最中、東京ドームの監督室を訪れ、由伸さんを叱咤激励した人物とは? 常勝軍団ならではの師弟関係を含め、今だから明かされる裏話が盛りだくさん。ぜひ動画でご確認ください。チャンネル登録もよろしくお願いします。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請