新仮面ライダーのモチーフは「キツネ」 子供たちに流行の生き残りゲームの世界で競い合う

令和4代目となるキツネがモチーフの「仮面ライダーギーツ」
令和4代目となるキツネがモチーフの「仮面ライダーギーツ」

 テレビ朝日系「仮面ライダー」シリーズの新作として9月4日から「仮面ライダーギーツ」(日曜・前9時)が放送されることが21日、分かった。ゼロワン、セイバー、現在放送中のリバイスに続き、令和ライダーの4代目となる。

 動物の耳のようなマスク、黒ベースのアンダースーツに白いアーマー。赤いブーツの横からバイクのマフラーのようなものも伸びる。新ライダーのモチーフは「白いキツネ」。関係者によると、キツネをもじって「ギーツ」という名前になったという。

 ギーツは謎の敵・ジャマトから街の平和を守るために「デザイアグランプリ」というゲームで衝突する。参加者それぞれが仮面ライダーに変身。敵を倒したり人々を救うことで得られるスコアを争う。敵だけではなく、ライダー同士でも生き残りをかけて競い合う。

 現在、子供たちの間では「フォートナイト」「Apex Legends」など生き残りオンラインゲームが流行。新ライダーの世界では、勝ち残った者へ褒賞として、理想の世界をかなえる権利が与えられる。

 ギーツに変身する主人公は謎の青年・浮世英寿(うきよ・えーす)。自信満々な天才肌で「最後に勝つのは俺だ」と平然と言ってのけるキャラクターだ。英寿の配役など主要キャストと、ライダー勢が駆使するアイテムなどは後日発表。なお22日公開の「劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア」に新ライダー・ギーツが登場する。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×