【京都】今秋ドラフト候補の京都外大西・西村瑠伊斗、高校通算53号含む2安打3打点の大暴れ

スポーツ報知
9回1死一、二塁、京都外大西・西村瑠伊斗は追加点となる右中間3ラン本塁打を放ち、ガッツポーズする(カメラ・義村 治子)

◆第104回全国高校野球選手権京都大会▽4回戦 京都外大西6―1塔南(20日・わかさスタジアム京都)

 京都外大西は今秋ドラフト候補の“二刀流”・西村瑠伊斗(3年)が「2番・右翼」で先発し、高校通算53号を放つなど2安打3打点の活躍で8強進出に貢献した。「世界の王」こと元巨人・王貞治ソフトバンク球団会長の打法を参考にして量産態勢に入った。

 西村がまた鮮やかなアーチを架けた。2点リードの9回1死一、二塁。塔南のプロ注目右腕・野原のカットボールを捉えて、右中間芝生席に運んだ。「打った瞬間、行ったと思った」。自画自賛の3ランで難敵を沈めた。5回の左前打と2四球で計4出塁。存在感を示し、昨秋の府大会準決勝で敗れた相手に雪辱した。

 今大会は1、2回戦で2連発しており、この日で4戦3発。好調の要因は、今春から取り組む脱力打法だ。参考にしたのは、世界記録868本塁打を誇る王さん。西村の上半身を丸める猫背のフォームを見た上羽功晃監督(52)が「構えと雰囲気が似ていた。王さんも力で打たずに、タイミングで捉えていた」とアドバイス。朝練などで王さんの現役時代の動画を見せ、吸収させた。西村は「100の力で振ると、ボールを捉えられない。70くらい。そこを求めて、調子が上がっている」と進化を実感している。

 6球団のスカウトが視察に訪れ、巨人・渡辺政仁スカウト(55)は「自分のポイントで打てる。タイミングを取るのがうまく、長打力もある」と好評価した。この日の登板機会はなかったが、最速147キロ右腕としても非凡。“京都の王”に注目だ。(宮崎 尚行)

 ◆西村 瑠伊斗(にしむら・るいと)2004年7月1日、京都市南区生まれ。18歳。小学2年から七条ファミリーズで野球を始め、中学時代は京都ポニーでプレー。京都外大西では1年夏からベンチ入り。投手では最速147キロ、変化球はカーブ、スライダー、スプリット。178センチ、75キロ。右投左打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×