大阪柴島、大量10得点の4回コールドで貫禄優勝!…第28回豊中大会

スポーツ報知
関西さわやか大会に続き、豊中大会で優勝を決めた大阪柴島ナイン

◆第28回豊中大会 ◇中学1年生の部▽決勝 大阪柴島ボーイズ10―0豊中ボーイズ=4回コールド=(18日・矢倉グラウンド)

「第28回豊中大会」は18日、決勝が行われ、大阪北支部同士の決戦を制した大阪柴島ボーイズが優勝した。

 関西さわやか大会王者の力を見せつけた。大阪柴島は初回2死満塁で中島が「後ろにつなぐ気持ちで打ったら、いい角度でいった」と中越えへ先制の3点二塁打。2回には妹尾の左前適時打で1点を加え、3回には6点の猛攻。その3回の2点二塁打含む3安打の4番・砥石は「後ろにつなぐ気持ちでヒットを打てて良かった」と胸を張った。

 この日はエースの梅田、正捕手の橋本、左翼の亀井が欠場したが、ナインは躍動。準決勝で、妹尾の中前打の間に、相手守備の乱れを突き一塁走者の万力が生還し、サヨナラ勝ち。左腕・坂本が4安打完封し「もっと引っ張っていけるように、しっかり投げたい」と言えば、決勝で3回2/3を1安打無失点の永吉も「自分の投球ができた。直球で押せて良かった」と堂々。2年ぶり3度目の豊中大会優勝は、層の厚さを示すものとなった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×