羽生結弦の恩師が今後へ期待語る「将来は指導者に」…東北高フィギュア部顧問島田篤史さん

10年4月、東北高校の入学式に出席した羽生結弦
10年4月、東北高校の入学式に出席した羽生結弦

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(27)=ANA=が第一線を退く意向を表明したことを受け、母校の東北高校(仙台市)が19日、記者会見を行った。フィギュアスケート部で顧問を務める島田篤史さん(52)は「この日まで立派にやってこれて、おこがましいですけど本当にほめてあげたいと思いました。今後も彼を超えるような選手は出てこない、と言えるぐらいの活躍をしていました」と労いの言葉を口にした。

 会見冒頭では、関係者やファンなど、さまざまな人に感謝の言葉を述べた羽生。「学生の時から気遣いができる子だった」と1年時に担任をしていた高橋敏之さん(51)は振り返る。「体育の授業でも運動が苦手な子たちに『一緒にやろう』と声掛けをしたり、優しく教えてあげていました」と感慨深げに話した。

 2年時に担任をしていた我妻敏さん(40)は「引退ではなく新たなスタート」と決意表明した言葉に羽生らしさを感じていた。「目的が違うだけであって高みを目指していくすごい決意を感じました。次の舞台でもなかなかできないことをやってくれるんじゃないかなと思います」と更なる活躍に期待を寄せた。

羽生の記者会見を見守った東北高フィギュアスケート部の島田篤史顧問
羽生の記者会見を見守った東北高フィギュアスケート部の島田篤史顧問

 仙台市内のスケートリンクでも、羽生は低学年の子どもたち一人一人に優しく教えていたという。「将来的には指導者にも向いている」と島田さん。「ゆくゆくは顧問を継いでほしい」とジョークを交えながら、「プロスケーターとして楽しみながら上を目指して前に進んでいってほしい。羽生結弦君の活躍に大いに期待したいと思います」とエールを送った。(山崎 賢人)

10年4月、東北高校の入学式に出席した羽生結弦
羽生の記者会見を見守った東北高フィギュアスケート部の島田篤史顧問
すべての写真を見る 2枚

社会

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請