【DeNA】石田健大が5回4安打3失点降板「立ち上がり先頭に打たれ慎重になり過ぎた」4勝目ならず

スポーツ報知
1回無死、石田健大は先発し力投する(カメラ・岩田 大補)

◆JERAセ・リーグ  中日―DeNA(19日・バンテリンドーム)

 今季4勝目を狙ったDeNA先発の石田健大投手は5回4安打3失点で降板。今季4勝目はならなかった。

 初回にヒットと四球などで1死一、二塁とされると、4番・ビシエドに左翼スタンドへ先制の8号3ランを運ばれた。その後なおも2四球と安打で満塁とされたが、後続を断った。2~4回までの3イニングは3者凡退と立ち直り、5回には得点圏に走者を許したが得点を与えなかっただけに、初回の失点が悔やまれた。

 「立ち上がり先頭打者に打たれてしまったことで慎重になり過ぎてしまい、打者に向かっていく姿勢がなかったのがよくありませんでした。その後キャッチャーの嶺井さん、バッテリーコーチの方々からのアドバイスのおかげで、立ち直ることができ感謝しかありません。5回までしか投げることができず、野手の方や中継ぎ陣に申し訳ないです」と反省していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×