道悪で躍動!キミノナハマリア、イン切り裂いて好メンバー相手にV発進…2歳新馬評価

スポーツ報知
キミノナハマリア

【7月17日・函館5R、2歳新馬、芝1800メートル、重馬場=11頭立て】

◆キミノナハマリア(牝、栗東・千田輝彦厩舎、父ハービンジャー、母シャドウマリア、母の父ヴィクトワールピサ)478キロ、馬主=浦野和由、生産牧場=社台ファーム

【血統】ハービンジャー×ヴィクトワールピサ。クロフネ産駒の祖母パールシャドウは芝、ダートで5勝のパワー系。

【レースVTR】道中は6、7番手。3コーナー過ぎから徐々に前との差を詰め、直線では内ラチ沿いを突き、最後は先に抜け出したヒラリをかわし2馬身差をつけた。勝ち時計は1分54秒2。

【コメント】鮫島克駿騎手「ちょっとフットワークが硬めなので、こういう緩い馬場も合っていたと思う。道中もすごく乗りやすかったですし、レースに行くまでもお利口さんでした。そこが今日はよかったです」

【将来性】★★★  ※好メンバーがそろった一戦。3、4コーナーの中間点でムチ連打の手応えも、直線インを突いて鋭く伸びた。道悪は文句なく上手い。良での切れを確認したい。

【先週の新馬勝ち上がり外厩(放牧牧場)一覧】

フェアエールング ◇16日福島5R芝1800(ビッグレッドファーム明和)

シナジーエフェクト◇16日福島6Rダ1150(エイシンステーブル)

コンクシェル   ◇16日小倉5R芝1800(大山ヒルズ)

タガノタント   ◇16日小倉6R芝1200(宇治田原優駿ステーブル)

マスキュリン   ◇17日福島5R芝1800(大山ヒルズ)

レイカットスルー ◇17日福島6R芝1200(ノーザンファーム天栄)

エレガントルビー ◇17日小倉5R芝2000(ヒイラギawaji)

キミノナハマリア ◇17日函館5R芝1800(山元トレーニングセンター)

【2021年の外厩別2歳新馬戦勝ち上がり=かっこ内は連対率】

1  ノーザンファームしがらき   37勝(31・2%)

2  ノーザンファーム天栄     36勝(32・1%)

3  山元トレーニングセンター   20勝(19・5%)

4  チャンピオンヒルズ      17勝(19・2%)

5  吉澤ステーブルWEST    14勝(21・4%)

6  大山ヒルズ          12勝(26・3%)

7  吉澤ステーブルEAST    11勝(25・4%)

8  グリーンウッド・トレーニング  9勝(17・2%)

9  宇治田原優駿ステーブル     8勝(13・1%)

10 阿見トレーニングセンター    6勝(10・2%)

※競馬サイト「馬トク」からのデータ

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×