藤井聡太棋聖の3連覇か、永瀬拓矢王座が意地のタイか…棋聖戦五番勝負第4局始まる

スポーツ報知
第93期棋聖戦五番勝負第4局に臨む藤井聡太棋聖(右)と永瀬拓矢王座(写真提供・日本将棋連盟)

 将棋の藤井聡太棋聖=竜王、王位、叡王、王将=に永瀬拓矢王座が挑んでいる第93期棋聖戦五番勝負第4局が17日午前9時、名古屋市の「亀岳林 万松寺」で始まった。

 タイトル戦では20年ぶりの2度の千日手となった第1局で敗れた藤井は、その後は2連勝して3連覇に王手をかけた。19日に20歳になるため、この日が10代最後の対局となるが、前日の検分終了後は「特別、意識することはない。いつも通りに」と話していた。

 対局は先手の永瀬が飛車先の歩を突き、藤井も同様に△8四歩とした後、相掛かりへと進んだ。

 持ち時間は各4時間。昼食休憩(正午~午後1時)を挟んで、夕刻に決着する見込み。

将棋・囲碁

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×