【阪神】近本光司の足技で9回同点!先頭で中前打→二盗→内野ゴロ→前進守備の内野ゴロで生還!延長戦突入

スポーツ報知
9回1死三塁、糸原健斗の遊ゴロが野選となり生還した近本光司(捕手・木下拓哉)

◆JERAセ・リーグ 阪神―中日(16日・甲子園)

 阪神は中日先発・大野雄に7回無失点と抑えられていたが、9回に反撃した。

 先頭・近本がRマルティネスの初球を捉え、中前打を放つと、すかさず二盗を決め、無死二塁。続く佐藤輝の遊ゴロで1死三塁と一打同点の好機を作ると、糸原の遊ゴロで近本が生還した。中日・立浪監督はリクエストを要求したが、セーフ判定のまま、土壇場で同点に追いついた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×