【阪神】糸原健斗、走塁ミスで同点機つぶす…タッチアップから三本間急ブレーキ→帰塁できず憤死&虎党憤懣

スポーツ報知
2回無死一、三塁、陽川尚将の右飛で本塁を狙おうとするも三塁に帰塁して併殺となる糸原健斗(三塁手・三ツ俣大樹)(カメラ・石田 順平)

◆JERAセ・リーグ 阪神―中日(16日・甲子園)

 阪神の糸原健斗内野手が“あり得ない”走塁ミスで同点のチャンスをつぶした。

 1点を追う2回。先頭の糸原は左前打で出塁すると、山本のゴロを二塁・溝脇が取り損ね、無死一、三塁と好機が拡大。2回のエラーで失点を招いた陽川が、ここぞとばかりに打球を打ち上げた。球場はタッチアップで同点に追いつくと思ったが、右翼・岡林が捕球後、すぐに内野に返球。タッチアップで走り出していた三走・糸原はなぜか三本間の真ん中で急ブレーキ。三塁へ戻ったが、間一髪でタッチアウトとなった。右犠飛がまさかのダブルプレーを招き、球場からは大きなため息が漏れた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×