【中日】小笠原慎之介が西アフリカ・ブルキナファソに寄贈する野球用具を募集「使わなくなったバット、グラブをお譲りいただけませんか」

スポーツ報知
小笠原慎之介

 中日は15日、小笠原慎之介投手のチャリティー企画「THE PROJECT‘11’~世界に野球を届けよう~」で、ブルキナファソに寄贈する野球用具を一般募集すると発表した。

 「チャリティーオークションに引き続き、より多くの皆さまにこのプロジェクトにご参加を頂きたく、野球用具の募集という新しい取り組みを始めました。もう使わなくなったバットや物置で眠っているグラブなど、ご不要になった野球用具をぜひお譲り頂けませんか」と呼びかけた。

 小笠原は「野球を世界に広めたい」という思いからプロジェクトを開始。西アフリカのブルキナファソでプロ野球選手を目指す人々がいることを知り、力になりたいと立ち上がった。すでに中日選手会の協力の下、使用済みの野球用具(直筆サイン入り)をヤフオク!に出展。7月11日から4回に渡って開催し、収益金を用いてグラブなど野球用具を購入し、ブルキナファソの野球・ソフトボール連盟に寄贈する。

 今回は中日ドラゴンズの公式ウェブサイトの申し込みフォームより用具提供が可能で、8月31日が期限となる予定だ。

◆ブルキナファソ 西アフリカにある人口約2090万人の共和制国家。首都はワガドゥグ。かつてはフランスの植民地だった。1993年に野球が導入され、2019年に西アフリカ選手権で優勝。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×