「新しい日大 NN」の挑戦 変わったのは林真理子・新理事長だけではない 駅伝チームも復活気配

スポーツ報知
練習する日大の選手(カメラ・矢口 亨)

 日大の新理事長に就任した作家の林真理子さん(68)は「新しい日大 NN」を全面に打ち出した。日大の駅伝チームも「新しい箱根への道」を走り出している。昨年10月の箱根駅伝予選会ではチーム史上ワーストの21位で大敗したが、今年6月の全日本大学駅伝関東選考会では7位で突破した。箱根駅伝優勝12回を誇る名門に復活の気配が漂い始めている。

 日大が16校を“ゴボウ抜き”して伊勢路切符を勝ち取った。

 6月19日に相模原ギオンスタジアムで行われた全日本大学大学駅伝関東選考会。1万メートル8人の合計タイムで7枠の本戦出場権を争い、ぎりぎりの7位で突破。2年ぶりの本戦出場を決めた。

 ハーフマラソン10人の合計タイムで10枠を争った昨年10月の箱根駅伝予選会では2年連続で敗退。しかも、日大史上ワーストの21位の惨敗だった。10校の箱根駅伝シード校と合わせて関東で31番手まで落ち込んだ。しかし、今回、8校の全日本大学駅伝シード校と合わせて関東15番手に浮上。箱根駅伝予選会と全日本大学駅伝選考会では距離も人数も異なるが、単純計算のランキングで31位から15位まで盛り返した。

 「まだまだ弱い日大です。全日本大学駅伝関東選考会と箱根駅伝予選会は全く違います。現状、8番目の選手と9番目の選手には大きな力の差がありますよ」と小川聡監督(64)は冷静かつ慎重に戦力を分析をする。ただ、その上で「やればできる。10月の箱根駅伝予選会が面白くなりました」と指揮官は手応えも明かした。

 箱根駅伝で優勝12回、出場89回。いずれも歴代3位の名門だ。しかし、最後の優勝は1974年の第50回大会までさかのぼる。シード権(10位以内)の獲得も2014年が最後。さらに近年は迷走が続いている。

 2020年の箱根駅伝本戦で18位に終わり、6年連続でシード権を逃した。その結果を受け、同年6月に当時36歳だった若手の武者由幸監督が退任。関東学生陸上競技連盟名誉会長で当時77歳の青葉昌幸監督が急きょ就任した。大東大監督として4度の箱根駅伝優勝経験を持ち、日大OBでもある大ベテランの青葉監督にチーム再興が託されたが、同年10月の箱根駅伝予選会はチーム史上ワーストの18位で大敗した。

 結局、青葉監督は昨年3月末で退任。就任から、わずか10か月後のことだった。

 昨年4月1日に後任として小川監督が就任。日大OBの小川監督は1990年代前半はコーチの肩書ながら実質的な監督として日大を率いた。横浜銀行女子監督に転身した後、2001~08年、13~16年に日大の監督を務めた。今回で事実上、4度目の登板だった。

 5年ぶりに母校に戻った小川監督は日大の弱体ぶりに驚いた。「青葉監督が体調を崩されてチームを見る時間が減っていたこともあり、昨年4月の頃、(強度が高い)ポイント練習をしている選手は10人しかいなかった。全体の4分の1以下でしたね」と振り返る。

 2005~07年の箱根駅伝では日大を3位、3位、2位と好成績に導いた実績を持つ小川監督は箱根駅伝で戦うために必要な練習と心構えを選手に丁寧に説いた。「昨年の夏合宿では予選会を突破できるくらいの練習を積むことができました。でも、付け焼き刃だった。夏合宿の後に故障者が続出しました」と指揮官は振り返る。前年の予選会でチーム内2位(日本人トップ)で関東学生連合チームに選出された小坂友我(当時4年)、1万メートルでチーム3位の28分21秒52の自己ベストを持っていた松岡竜矢(当時3年、現4年)が登録メンバーから外れるなど苦しい布陣で挑んだ結果、前年のチームワースト記録をさらに更新する21位で大敗した。

 1922年の第3回大会に初出場してから初めて2年連続で本戦を欠場したことで、ようやく日大は変わった。予選会で敗退したチームは新春の箱根路では観客整理などを行う走路員として大会を支える。今年の第98回大会が終わった後、小川監督は選手に言った。

 「走路員は大事な役割だけど、君らは走路員をするために日大に入ったんじゃないよな。箱根駅伝を走るために日大に入ったんだよね」

 指揮官の言葉は選手に響いた。

 副将の若山岳(4年)は1年時には8区に出場。当時、コロナ禍前だったため、大観衆の中、平塚―戸塚間を駆けた。しかし、2年時は2区と9区、3年時は3区と8区の走路員を務め、箱根路を疾走する他校の選手を見守ることしかできなかった。

 「1年の時、箱根駅伝を走って大会のスケールの大きさに驚きました。結果を出せなかったけど、箱根駅伝の醍醐(だいご)味を知りました。でも、2年、3年時は高校時代(京都・洛南)のチームメートが箱根駅伝を走る姿を見るだけでした。今年、沿道にいた人に『どこの大学?』と聞かれ『日大です』と答えると、その人に『日大は今年も出られないんだね』と言われて…。悔しかったですね」と若山は静かに振り返る。

 1年時に箱根駅伝を経験した樋口翔太主将(3区8位)、チャールズ・ドゥング(2区12位)、松岡(7区19位)、若山(8区19位)ら最上級生を中心に箱根路への思いが強まり、チームの意識は高まった。約1年前、ポイント練習の参加する選手はわずか10人ほどだったが、今ではほとんどの選手がレベルに応じて積極的にポイント練習に取り組んでいる。

 ただ、その過程で約10人が退部し、チームを去った。「貴重な学生生活なので陸上以外にやりたいことがあるならば、中途半端に陸上を続けるよりも陸上部を辞めた方がその部員にとってもチームにとってもいいことだ、と思います」と若山は冷静に語る。

 日大は2010年以降、現在の小川監督で延べ6人目の監督(実質的な監督だったコーチを含む)。監督交代が頻繁で、しかも、30代の武者監督を除いてベテラン監督が多く“迷走”のイメージがぬぐえない。

 対照的に安定した成績を残している強豪校の監督は“長期政権”だ。青学大の原晋監督(55)は2004年に就任し、今季が19年目。2015年以降の8大会で6度の優勝を成し遂げた。駒大は大八木弘明監督(63)が1995年からコーチ、2004年から監督を務める。長期的視野でチーム強化を図り、2000年以降、7度の箱根駅伝優勝を果たしている。

 日大の監督交代は多すぎる。現4年は1年時は武者監督、2年時は青葉監督、3年時は小川監督と指揮官が目まぐるしく代わった。「昨年まで監督が代わることで練習も1年ごとに変わったりしていました。昨年、小川監督が就任して基盤ができて、今年はそれを生かせていると思います」と若山はチームの思いを代弁するように語る。

 近年、日大ブランドも傷ついた。田中英寿前理事長(75)らによる一連の不祥事。全く関係のない駅伝チームの選手も心を痛めることが多かった。「日大と一くくりにされてつらいこともありました」と若山は率直に明かす。

 7月1日に林新理事長が就任。「新しい日大 NN」キャンペーンで日大のイメージは回復傾向にある。時を同じくして日大駅伝チームも確実に復活への一歩を踏み出した。

 小川監督は「まずは箱根駅伝予選会を突破しなければ復活とは言えない」と言葉に力を込めて話す。若山は「今年の第一目標は予選会突破。本戦ではシード権をとって日大復活のきっかけをつくりたい」とさらに高い目標を明かす。

 紺色に白のN。伝統のユニホームは少しずつ輝きを取り戻しつつある。(竹内 達朗)

 ◆日大 1921年創部。箱根駅伝には22年の第3回大会に初出場。35年から4連覇を果たすなど12回の優勝を誇る。出雲駅伝は優勝5回、全日本大学駅伝は優勝3回。3大駅伝通算20勝は駒大(24勝)、日体大(21勝)に次いで早大とともに3位タイ。タスキの色は桜色。主な陸上部OBは在学中の56年メルボルン五輪男子マラソンで5位になった川島義明、箱根駅伝に2度出場した俳優の和田正人、2016年リオ五輪男子400メートルリレー銀メダルのケンブリッジ飛鳥ら。

 ◆2001年以降の日大監督(敬称略、実質的な実質監督を含む)

 ▽01~08年 小川聡(43)

 ▽08~11年 堀込隆(49)※

 ▽11~13年 鈴木従道(65)

 ▽13~16年 小川聡(55)

 ▽16~20年 武者由幸(32)

 ▽20~21年 青葉昌幸(77)

 ▽21年~   小川聡(63)

【注】カッコ内は就任時の年齢。堀込氏の肩書きはコーチ

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×