7月10日の馬トクふりかえり…夏競馬はコンディション指数重視で予想を組み立てよう

スポーツ報知

 サマー2000シリーズの開幕戦、七夕賞・G3は7月10日、福島競馬場の芝2000メートルで行われ、6番人気のエヒトが直線で抜け出して重賞初制覇を飾りました。

 このレースの予想ポイントは、「競走馬もこの時期、湿度と気温で体力を消耗するので、フレッシュな馬を選ぶ方がいい」でした。

 上位3頭はどの馬も外厩帰り初戦で、心身ともフレッシュな状態でした。それはコンディション指数(CD指数)を見ても分かります。3頭ともCD指数は上位で算出されていました。暑い時期は各馬の状態が勝敗を左右します。夏競馬はコンディション指数を重視すると好配当を手にすることができます。

コンディション指数(CD指数)とは

コンディション指数とは、今回の競走において各馬がどの程度の力を発揮できるかを数値化したもの。能力指数と仕上指数を元に算出された指数で、値が高いほど好走が期待できる。

 勘や主観的なものに頼らず、客観的なデータを元に競馬を予想すると、的中率、回収率が大幅に改善します。今週のレースも馬トクの客観的なデータで攻略しましょう。激走データは馬トク激走コースで、展開データはAI展開コースご覧頂けます。ご購入は下記リンクからから。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×