大阪泉大津、ホストチームに勝利!うれしい初優勝つかむ!!…第22回K・Tふみづき大会

スポーツ報知
初優勝し大喜びの大阪泉大津ナイン

◆第22回K・Tふみづき大会 ◇中学生の部▽決勝 大阪泉大津ボーイズ6―5忠岡ボーイズ(10日・浜寺公園NO1野球場)

 「第22回K・Tふみづき大会」は10日決勝が行われ、大阪泉大津ボーイズ(大阪阪南支部)が優勝した。ホストチームの忠岡ボーイズ(大阪南支部)は惜しくも準優勝に終わった。

 歓喜の瞬間がやってきた。3回途中から登板していた村井が最後の打者を中飛に打ち取り、試合終了。「優勝目指してやってきたのでうれしい。最高です!」小山主将らナインが続々とマウンドに集まり、歓喜の輪の中で喜びを爆発させた。

 序盤は、ホストVに燃える忠岡に主導権を握られた。だが3回、河口の中前適時打、村井の中犠飛などで1点差に。そして4回、「絶対に出る。つながってくれ」と中前打した兵井の一打から、逆転劇が始まった。

 1死満塁と攻め立て、打順は河口に回ってきた。「必ず逆転する気持ちだった。タイミングよくとらえられた」。気持ちの乗った打球は中越えへ。兵井に続き、小山も生還し、ついに試合をひっくり返した。「緊張して普段の投球ができなかった」と言いながらも、テンポのいい投球で好リリーフした村井も、もちろん優勝の立役者だ。

 2020年に大阪阪南支部のチームとして創立。以降、うれしい初Vに「周りをよく見ながら、みんなで声を出してきた結果」と小山。この喜びを、さらなる成長につなげる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×