星稜捕手・横山翔大さん振り返る 甲子園で2勝し帰郷するとライバル小松大谷のエースたちが出迎えてくれた

スポーツ報知
岩下大輝(ロッテ)とバッテリーを組んでいた横山翔大さん(左)

 創刊150周年を迎えた報知新聞の特別企画「スポーツ報知150周年 瞬間の記憶」。今回は2014、15年の星稜と小松大谷による全国高校野球選手権石川大会の激闘です。14年に星稜が0―8から9回に8安打9得点でサヨナラ勝ちして甲子園出場を決めた、高校野球史に残る大逆転劇。敗れた小松大谷ナインはまさかの悲劇に涙を流しましたが、翌年、星稜に9回0―3から“逆転返し”で雪辱を果たしました。

 * * *

 【星稜捕手・横山翔大さん明かす】

 星稜は、小松大谷の左腕・山下に8回まで2安打に抑えられ、0―8。準決勝までなら、大会規定で7回コールド負けとなっていた大差だった。当時、星稜の右腕・岩下大輝(ロッテ)とバッテリーを組んでいた横山翔大さん(元ソフトボール男子日本代表)は、マスク越しの光景を鮮明に覚えている。「終盤、外野の観客が続々と帰って行くのが見えていました。恥ずかしさや、さみしさ。翌日、どういう顔して学校に行けばいいのか…そんな思いでプレーしていました」

 星稜・林和成監督はナインの心情を察したかのように9回、手を打った。先発して3回6失点で降板し、右翼を守っていたエースを再びマウンドへ。岩下は3者連続三振を奪い、勝敗が決したかに見えた球場の空気を一変させた。

 「ベンチに帰ると仲間の気持ちの高ぶりを感じた」と横山さん。チームスローガンは「必笑(ひっしょう)」。9回裏の攻撃前、劣勢でも笑顔を忘れなかったナインの背中を、林監督がまた押した。

 「打者一巡しようじゃないか」

 指揮官の言葉通り、岩下は左翼場外へ2ラン、横山さんも中越え二塁打を放った。8安打の13人攻撃。小松大谷の継投を打ち崩し、1イニングで8点差をひっくり返すと星稜ナインは狂喜乱舞した。松井秀喜氏らを同校で育てた山下智茂名誉監督も「記憶にない試合」と驚いた。

 星稜はこの年の甲子園で2勝。真夏の激闘を終えて地元に帰るとサプライズが待っていた。岩下、横山さんを出迎えてくれたのは小松大谷の山下らだった。金沢駅前のお好み焼き店。ショッキングな敗戦を気遣い、遠慮がちな会話が続いた。

 すると山下が、9回途中降板した星稜戦で負った左脚肉離れは患部が陥没するほどの重傷だったと明かした。そして最後に、横山さんはこう言葉を掛けられた。

 「もし、星稜に勝っていたとしても、俺は甲子園で投げられなかった。だから、あの負けはもう気にしていないよ」

 8年前の石川大会決勝には、勝者も敗者もいなかったのかもしれない。両校の激闘史は後輩たちに受け継がれていくことになる。(小沼 春彦)※肩書は当時

野球

×